超要約マネージメントロゴ20220720 (2).png

我々は中小企業に助成金補助金の申請サポートをご提供する専門家集団の運営事務局として2015年に活動を開始しました。

 


そこで目の当たりにしたのは、

大きく飛躍していく企業がある反面、

驚くほど多くの企業が倒産していくという悲しい現実でした。

 


頑張っている経営者が人知れず倒産していく姿を見るというのは本当につらいものです。

 


当社に何かできることがあるのではないかと、

 

先ずは大きく飛躍していく経営者と倒産の憂き目にあう経営者の違いについて調査を開始いたしました。

 


そこで我々が得た結論は、

 

<情報収集(=学習)する時間を経営者が設けているか否かという1点に尽きる>

 

という当然と言えば当然の事実でした。

 

次に我々は専門家連携の団体を運営しているという特性を生かし、

 

経営に関する膨大な学習項目の整理を開始しました。

 


整理してみて再認識したことは、

 

経営に関する各項目それぞれに専門家が存在するほど、

 

経営に必要な情報は膨大であり、

 

到底一人の人間で全てを賄うことはできないという当たり前の事実でした。

 


解決策として、

 

我々は本当に経営者がするべき仕事を洗い出し、

 

それ以外の仕事は外部に委託するという方法を考えました。

 

実際、業績を伸ばす経営者ほど顧問を雇うなど外部の専門家と上手に連携していることが分かったからです。

 


同時に、

 

外部委託が必要な業務の専門家を集めることにも着手し、

 

ご要望があればご紹介可能な体制の構築にも着手しました。

 


さらに通常業務で時間が取れない経営者のために、

 

どこよりもシンプルに要点をまとめ、

 

科学的に誰でも学習を習慣化できる唯一無二のカリキュラムの開発に取り組みました。

 


調査開始から約3年、

 

2021年12月10日に

 

ようやく超要約マネージメントが完成いたしました。

 


ここには本当に経営者が学ぶべきエッセンスが凝縮されています。​​

 

超要約マネージメントを知り得た全ての経営者が効率の良い学習習慣を手にし、

 

頑張っている全ての人が幸せに暮らせる世の中の実現を目指してまいります。

 


ぜひ超要約マネージメントでご自身のダイナミックな成長をご体感ください。